美肌

抗酸化作用が高い黒ゴマ

ゴマと一言で言っても、いくつか種類があります。白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマ、茶ゴマといった種類になります。
最近では金ゴマなども見かけるようになりましたが、それでも市販されている多くのものは白ゴマや黒ゴマが割合多いかとおもいます。

その中でも注目したいのが黒ゴマで、黒ゴマには10種類もの抗酸化物質が含まれているのです。
抗酸化物質は人間が自ら作っています。SOD酵素とよばれるものやナイアシン(ビタミン)などがそうです。しかし、体内で作られる抗酸化物質だけでは足りず、その不足分は食べ物に含まれている抗酸化物質を摂取する必要があります。
けれど、年を重ね体が弱ってくると、この抗酸化物質の生産量が減少してしまいます。そうなれば当然食べ物からの摂取を増やす必要が出てきます。

その抗酸化物質を10種類も含んでいる黒ゴマが、いかにすばらしい食品か、お分かりいただけるかとおもいます。
黒ゴマの抗酸化物質の効力はすばらしく、たいていの種子が基本的には数年~5年ほどで発芽しなくなるのに対し、30年経っても発芽率80%以上という驚異的な数字になっています。
それほど酸素やウイルスなどの攻撃を寄せ付けない、豊富で強力な抗酸化物質が小さな粒に濃縮されていて、新鮮さを保ち続ける、ということになります。

さらに黒ゴマの種皮の黒い色素はアントシアニンで、ブルーベリーに代表されるものと同じ成分で、抗酸化作用を初め、炎症や潰瘍を防ぎ、免疫力増加の作用が非常に強いものになっています。さらにその色を見れば分かるかとおもいますが、黒ゴマはブルーベリーよりずっと、真っ黒ともいえる濃さを持っています。さらに髪を黒くする効果もあります。それは、白髪がメラニン色素が毛髪から抜けてしまったものですが、アントシアニンはそのメラニン色素の形成を促進する作用があります。さらにそれを補うように、ゴマにはビタミンEや、ナイアシン、亜鉛も含まれており育毛を促進する効果があります。

上記に加え、ゴマ特有の抗酸化物質である「ゴマリグナン」とよばれる非常に強力なものが存在しています。体内中の活性酸素を捉えそのまま対外へ排出します。
ゴマに含まれるセサミンにも強力な抗酸化作用があるため、セサミンでアンチエイジング効果を期待できるのです。

さらにビタミンの中で抗酸化作用が強いことで知られるビタミンEも黒ゴマにもっとも多く含まれます。細胞の老化を防ぎ、若く保つことから「若返りのビタミン」ともよばれているくらいです。

抗酸化ミネラルとよばれるセレンも黒ゴマには含有率が高いのです。これもまた、抗がんや不老、若返りの作用があるといわれていて、活性酸素を無毒化する酵素である「グルタチオン」の成分になるそうです。
セレンは活性酸素の発生そのものを抑え、参加された老廃物質を取り除くという効果もあります。
しかし、ゴマだけではなかなか達成できないとはおもいますが、セレンにはサプリメントなどの利用によって過剰摂取することで、胃腸障害、下痢、脱毛などの副作用がありますので、一日の摂取量の目安を超えないように注意が必要です。

SOD酵素の原材料になる亜鉛もまた抗酸化ミネラルとよばれ、黒ゴマの含有率も高く、黒ゴマの滋養価値ともいえるでしょう。
というのも、亜鉛を多く含む日常的に摂取する食品が少ないからなのです。
亜鉛は、酵素を初め、遺伝子やインシュリンの原料、さらにたんぱく質の形成にも必要になっているミネラルになります。
不足すると病気になりやすい、さらに病気が治りにくいなどの影響が出ます。
食品などからとる分にはなかなか過剰摂取にはなりませんが、サプリメントによる長期にわたっての過剰摂取は頭痛、嘔吐をはじめ、肝臓や神経障害、腸からの銅の吸収率低下による銅欠乏症などの副作用がリスクとしてあります。

以上のように抗酸化作用が非常に高い黒ゴマですので、積極的に摂取することもお勧めします。
ただし過剰摂取によるカロリー過多などには注意が必要です。
目安は大さじ1~2といわれています。